2015年11月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

対策ツールも紹介「デスクトップLinux安全神話」の穴を突く7つのセキュリティホール

Linuxのセキュリティ脆弱性は、Windowsでよく見られる一般的な問題とほぼ同じだ。だが、「Linuxだから大丈夫」と油断していないだろうか。社内ネットワークにLinuxシステムが1つでもあったら、本稿を読んで対策してほしい。

[Kevin Beaver,TechTarget]
Linux脆弱性に対する攻撃 デスクトップLinuxのセキュリティ対策も、Windows同様に忘れてはいけないものだ(画像はUbuntu 14.04 LTS)《クリックで拡大》

 LinuxはデスクトップPCのOSでは主流ではなくニッチだ。だが、Linuxを使っている企業では、このOSは重要な役割を果たしている。こうした企業はデスクトップLinuxのセキュリティに気を付ける必要がある。

 企業向け用途として、Linuxが役立つ場面があるのは確かだ。企業は特定のビジネスアプリケーションやエンドユーザーの要望をサポートするために、Linuxを使用している。しかし、Linuxは広く使われているデスクトップOSではない。デスクトップLinuxは、サーバやWindowsベースワークステーションほど注意が払われていないこともある。こうしたLinuxシステムの扱いはセキュリティ対策の甘さにつながる。多くの場合、セキュリティホールが無防備に放置されてしまう。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...