2015年11月18日 20時11分 UPDATE
カスタムナーチャリング

日本で柔軟な働き方が広がらないのはなぜか

ITを活用すれば、容易に時間や場所の壁を超えることができる時代にもかかわらず、企業の従業員は相変わらず社内の机の前に座っていなければならないのはなぜなのか。職場外労働のなかでも難しさを指摘する声の多い在宅勤務について、普及を妨げる壁はどこにあるのかを探る。

[TechTargetジャパン]

 さまざまな調査で、日本では他国に比べ、職場外での仕事がしにくいことが指摘されている。そう聞くと、終身雇用を前提とした雇用制度、および時間労働制が基本となっていることが根本原因なのではないかと考えてしまう。

 それが正しいのであれば、雇用制度や労働制が一朝一夕に変わることは期待できず、従って今後も職場外での労働が国内で広がることはないのではないかと考えがちだ。

 だが、現行の仕組みのままでも十分に柔軟な働き方を推進できる、と主張する人もいる。今号のIT INSIDERは、職場外労働の重要な形態の1つである在宅勤務を取り上げ、これがどうすれば広がるのかを考える。

※このコンテンツはTechTargetジャパン編集部によって制作されたものです。内容に関するお問い合わせはアイティメディアまでお願いします。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:アイティメディア株式会社

提供:アイティメディア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部

【導入メリット】【支えるIT技術】【実践している企業事例】