2015年11月19日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「進化した脅威」にどう対処するか30年前からセキュリティ担当者を苦しめ続けている問題とは?

セキュリティの名著『カッコウはコンピュータに卵を産む』の著者、クリフォード・ストール氏が直面した事件から30年弱。進化し続けるセキュリティの脅威に対抗すべく、対策にも変化が求められている。

[Kathleen Richards,TechTarget]
ストール氏のインタビュー映像 C-SPANが公開しているストール氏のインタビュー映像《クリックで拡大》

 カッコウは他の鳥の巣に卵を産む――。これは、ネットワーク侵入に関する往年の名著『The Cuckoo's Egg』(邦題『カッコウはコンピュータに卵を産む』)の著者であるクリフォード・ストール氏が同書のタイトルを考えていた際、米San Francisco Zoo(サンフランシスコ動物園)のペンギン飼育係から言われた言葉だった。

 「巣の主である鳥は、カッコウを卵から孵化させる。そして育ったカッコウは巣を乗っ取り、もともとの巣の主に餌を食べさせてもらう」。ストール氏は1989年、米ケーブルテレビC-SPANのインタビューでそう語った。「その巣を出て行いったカッコウは、また他の卵を産む。カッコウにとっては、何もかもがうまくいくのだ」

進化する“カッコウ”をどう退治するか

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...