2015年11月24日 12時00分 UPDATE
特集/連載

部門間の協業が鍵米Netflxも実践、ユーザーの本気を引き出すセルフサービスBI導入の鉄則 (1/2)

ビジネスユーザーをスプレッドシートからダッシュボードに移行させるのは容易でない。だが、部門が協業を深めれば、最終的にはダッシュボードに移行した成果が現れるだろう。

[Ed Burns,TechTarget]

 ヒーザー・キャンベル氏にとって、米プリンストン大学の資金調達部門にセルフサービス型のビジネスインテリジェンスツールを導入するのは、それほど難しいことではなかった。実際に手間取ったのは、そのシステムを使ってもらうことだった。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...