2015年11月24日 12時00分 UPDATE
特集/連載

部門間の協業が鍵米Netflxも実践、ユーザーの本気を引き出すセルフサービスBI導入の鉄則 (1/2)

ビジネスユーザーをスプレッドシートからダッシュボードに移行させるのは容易でない。だが、部門が協業を深めれば、最終的にはダッシュボードに移行した成果が現れるだろう。

[Ed Burns,TechTarget]

 ヒーザー・キャンベル氏にとって、米プリンストン大学の資金調達部門にセルフサービス型のビジネスインテリジェンスツールを導入するのは、それほど難しいことではなかった。実際に手間取ったのは、そのシステムを使ってもらうことだった。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...