Loading
2015年11月25日 10時00分 UPDATE
PR

日本アイ・ビー・エム株式会社提供ホワイトペーパー事例:オズモールのクーポン配信効果を改善、データ活用経営のすすめ

IT投資の目的はコスト削減から、売り上げへの貢献へと移っている。背景にはモバイルやソーシャルの普及によるデータの爆発がある。これからのデータ分析に求めれられる、スピードとセキュリティ、使いやすさを実現する解析プラットフォームの実力をひも解く。

[ITmedia]

 ビッグデータアナリティクス市場は2012年から2020年までに3.5倍に拡大すると予想されている。今後は、データ解析ニーズが高まり、データ駆動型経済が発展するにつれ、データ流通のインフラ構築が重要となってくる。

 例えば、過去の購入履歴を学習することで、予測モデルを構築し、このモデルに新しいリストを投入すると販売予測確率を得られ、受注確率の高い営業先を可視化して効率的なマーケティング活動が展開できる。こうしたデータ活用の蓄積が企業の差となってくるのである。

 本講演資料は、こうしたデータ解析ソリューション「bodais」を開発する、アイズファクトリーの取り組みを紹介している。bodaisは300件以上のプロジェクトのノウハウを結集した解析プラットフォーム。専門知識が必要な分析工程を自動化し、スピーディーに分析結果を可視化できる。本資料では、bodaisの活用事例としてスターツ出版のオズモールマガジンでのクーポン配信システムを紹介しており、これからデータ活用による事業の成長を目指す企業にとって、非常に役立つ内容となっている。

※本ホワイトペーパーは2015年10月21日に行われた「IBM Cloud Innovation Forum」の内容を収録。

「IBM Cloud Innovation Forum」とは?

「IBM Cloud Online Seminar」内で公開中のバーチャルショールーム

 2015年10月21日に開催された「IBM Cloud Innovation Forum」は、CIOやIT部門を率いる責任者が自社のビジネス変革の取り組みをリードし貢献するために、多様な視点やヒントを紹介するイベントです。次世代ビジネスに実際に取り組んでいるユーザー、パブリッククラウドとプライベートクラウドを適材適所で併用するハイブリッドクラウドを実践しているユーザー、ハイブリッドクラウドにより運用効率向上やIT業務の進化を遂げているユーザー自らが登壇しました。「IBM Cloud Online Seminar」では、同イベントのバーチャルショールーム版を公開中です。


ALT ★TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下のアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「IBM Cloud Online Seminar」への登録が完了します。ログインの上、エントランスで「注目イベント」を選択すると、IBM Cloud Innovation Forumへと遷移します。
本ホワイトペーパーは講演番号「C-3」よりご覧ください。