2015年12月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

モバイル環境を管理する「Enterprise Mobility Suite」「iPhone」「Android」も守るMicrosoftの急成長製品が機能強化、ポイントは価格 (1/2)

Microsoftは同社の「Enterprise Mobility Suite」に新しい機能群を追加した。それらはIT部門が他社のEMMプラットフォームから乗り換えるのに十分な理由になり得る。

[Ramin Edmond,TechTarget]
ik_tt_ems01.jpg EMMの新機能を発表する米Microsoftのブログ《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Enterprise Mobility Suite」(EMS)に、企業データの漏えいを防止するBYOD(私物端末の業務利用)環境向けの重要な機能強化が行われた。

 Microsoftのサトヤ・ナデラCEO(最高経営責任者)は2015年11月17日、米国ワシントンDCで開催された「Microsoft Government Cloud Forum」での基調講演の中で、セキュリティの機能向上を強調した。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

2016年夏のテレビ的「話題」と「問題」
リオ五輪で注目を集めた日本人選手、パラリンピック選手の競技環境、テレビが健康に及ぼ...

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...