Loading
2015年12月01日 10時00分 UPDATE
PR

ストレージは「運用」で選ぶ!何か問題が発生してからでは遅い、安定的なストレージ運用の勘所とは

ストレージに保存されているデータを利用できない場合、企業にとって非常に大きな損失を受けかねない。ITエンジニアが不足している中、安定的なストレージ運用の方法を探る。

[ITmedia]

 ITがビジネスの要となっている現代企業にとって、重要なデータを格納するストレージが安定的に稼働し、トラブルなく運用することは非常に重要な課題である。データを利用できない状況が発生すれば、企業にとって大きな損失を被る可能性がある。

 しかし、いかに高性能で高機能なストレージを導入しても、何らかのトラブルが発生する可能性は残る。どれほど高価な製品を購入しても、避けられない故障はある。また、どれほど使いやすい製品であっても、容量不足やパフォーマンスの低下といった問題は避けられない。

 ストレージの安定稼働を実現したいのであれば、信頼性の高い製品を購入するだけでなく、万全な管理体制を整えることも重要だ。しかし、ITエンジニアの不足は多くの企業が抱える深刻な問題であり、ストレージを管理できる専門家を確保することが困難な状況が続いている。

 そこでオススメしたいのが、専門家があたかも運用チームの一員であるかのように専任で運用支援するプロフェッショナルサービスを活用する方法である。適切な製品とサービスを選定すれば、トータルコストを抑えつつ高度なマネジメントを実現でき、社内の優秀なエンジニアを重要なIT戦略に集中させることが可能となるはずだ。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部