2015年12月04日 19時00分 UPDATE
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介「タブレット導入校」だからって、タブレットを無理やり使う必要はない

桜丘中学・高等学校では、導入したタブレットを活用するかしないかも含めて、教員や生徒に使い方を任せています。その理由とは? 同校のIT活用をけん引する品田 健副校長が語ります。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | iTeachers | 教育


桜丘中学・高等学校の品田 健 副校長 iTeachers TV第26回は第25回に引き続き、桜丘中学・高等学校の品田 健 副校長が同校のタブレット活用について解説《クリックで拡大》

 「タブレットを導入したからといって、何でもタブレットでやる必要はない」。桜丘中学・高等学校(東京都北区)でタブレットをはじめとするIT活用を推進する品田 健副校長は、こう強調します。同校では教員にも生徒にも、タブレットの使い方を細かく制限せずに使ってもらっていると品田副校長は説明。例えば授業では、生徒にはタブレットでも紙のノートでも付せんでも、自身が使いやすいと思うものを使って課題に取り組んでもらうようにしているそうです。

 桜丘中学・高校がこうした方針を取る背景には、「学校を創造の場にしたい」という、品田副校長の思いがありました。「当校の教訓は『勤労と創造』。この「創造」の部分をどう伸ばすべきか、ずっと悩んでいた」と同副校長は明かします。タブレットはその有力な手段ではあるものの、あくまでも選択肢の1つにすぎない。紙のノートや付せんといったアナログなツールでも、便利であれば使ってほしい――。同校はそんな自由度の高さを武器に、創造性の育成を目指します。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科の小酒井 正和 准教授が登場。既存の黒板で、電子黒板の機能を手軽に実現するアプリケーション「Kocri」を紹介します。米Appleのスマートフォン「iPhone」や音楽プレーヤー「iPod touch」向けのアプリケーションであるKocriは、セットトップボックス「Apple TV」とプロジェクターを使って、黒板に教材の画像を投影できます。投影した画像の回転やポインタ/けい線の表示など、授業に役立つ最小限の機能に絞り込み、簡単に操作できるよう配慮しています。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「次へ」ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

「ポンパレモール」から「eBay」への出品を今秋開始、国内出品者の越境EC進出を手軽に
「ポンパレモール」を運営するリクルートライフスタイルとeBay、tensoの3社は、越境ECに...

news024.jpg

シェアエコノミー――「交換価値」から「使用価値」へのシフトで社会全体のエクスペリエンスを最適化する
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

ソーシャルビッグデータで占う東京都知事選、現在の情勢は?
「調査のチカラ」にストックされた8万件の調査データをさまざまな角度から紹介する週末企...