2015年12月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

大画面か、携帯性か、それが問題だ徹底比較:高くても「iPad Pro」か、カジュアルに「iPad Air 2」か、選択の決め手は? (1/2)

ノートPCの代替にもなると期待されている12.9型「iPad Pro」だが、9.7型「iPad Air 2」に比べると、高性能な分だけ価格も高い。ビジネスユースかカジュアルユースか、タブレットの使用目的ごとに性能を比較した。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | iOS | タブレット


iPad Air 2とiPad Pro iPad Air 2とiPad Pro《クリックで拡大》

 ハイエンドのiOS端末を買おうとしている人は、ディスプレイが9.7型の「iPad Air 2」と、12.9型の新しい「iPad Pro」のどちらかを選ばなければならない。iPad Proの方が画面が大きいだけでなく、プロセッサもはるかに高速でRAM容量も多いが、価格も格段に高い。

 本稿では幅広い潜在ユーザーがベストな選択ができるように、両タブレットを詳しく比較し、比較項目ごとに選択のポイントを解説していく。

仕上がりとデザイン

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...