2015年12月07日 12時00分 UPDATE
特集/連載

オープンネットワーキング新潮流【前編】本当にお得? “無印”ネットワークスイッチの中身とは

ホワイトボックススイッチは、ネットワークハードウェアとその上で実行されるネットワークOSを分離する。たとえオープンネットワークが万人向けにならなかったとしても、これだけでも十分大きな変化だ。

[Ethan Banks,TechTarget]
画像 ホワイトボックススイッチも多くのネットワークスイッチ同様、米Broadcom(画像)のようなサードパーティー企業の汎用チップセットを使用している(出典:Broadcom)《クリックで拡大》

 ソフトウェア定義のネットワーク(SDN)に対する審判はまだ下されていない。だが、ホワイトボックススイッチは時の試練に耐え得るかもしれない。

 「ディスラプション」は、現状を覆す可能性のある新しい概念であればどのようなものにも適用されるテクノロジーバズワードだ。2010年以降、ネットワークの分野では実に多くのディスラプションが発生した。特に、ソフトウェア定義のネットワーク(SDN)によって一元管理という概念が復活した。SDNではアプリケーションでネットワーク構成を管理し、一元管理されたコントローラーを通じて、ドメイン内のネットワークハードウェアとソフトウェアにコマンドを発行する。

SDNが無理でもホワイトボックススイッチは存続する

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...