Loading
2015年12月09日 10時00分 UPDATE
PR

企業の競争力を強化するための人事戦略こうすれば良かったタレントマネジメントシステム、失敗導入をしないための“5つの鉄則”

海外展開する企業を中心に注目を集める“タレントマネジメント”。導入が増えているが失敗するケースも目立つ。失敗を避けるには人事戦略だけではなく、IT戦略の視点が欠かせない。考慮すべき5つのポイントとは。

[TechTargetジャパン]

 今やほとんどの企業に導入され、人事業務の効率化に欠かせないツールとなっている人事・給与システム。しかし、ここ数年、“タレントマネジメント”をキーワードに、人事システムを見直す機運が高まっている。

 この背景には、ビジネスのグローバル化や事業領域の拡大、団塊世代の退職による労働人口の減少、人材の流動性など、人事を取り巻く環境が大きく変化していることが挙げられる。こうした変化の中で、どうやってグローバルな人材を管理し、優秀な人材を確保し、次世代リーダーを育成し、企業の競争力に役立てていくのか。人事部門の担うべき役割は新たなフェーズに入ってきており、そのような企業でタレントマネジメントが注目されている。

 一方で、タレントマネジメントシステムを導入した企業では、会社の仕組みにフィットせずに使われなくなったり、システムの運用負荷だけが増大して効果が上がらないなど、失敗例も出てきている。本稿では、タレントマネジメントシステムの選定で考慮すべき5つの重点ポイントに着目し、失敗しない導入に向けたベストプラクティスを紹介する。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部