2015年12月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT管理者なら検討したいWindows 10の最新Buildをいち早く“降らせる”テクニックとは

米Microsoftの「Insider Program」に参加すると、「Windows 10」のOS更新プログラムを適用できるタイミングを「Fast」と「Slow」から選択できる。

[Brien Posey,TechTarget]
kn_ttus1211_01.jpg 一部のベテランユーザーは“降ってくる”と表現する更新プログラムはWindows Updateでインストールするが、そのタイミングは一定でない

 Windows 10は、MicrosoftのこれまでのOSと比べ、更新のアプローチが2つの点で異なっている。

 まず、Windows 10はMicrosoftの最後のデスクトップOSとなる予定なので、常に最新の状態を維持するために更新を継続に実施するという点だ。もう1つは、Microsoft Insider Programの更新機会に関する設定で、更新プログラムを早く受け取るか遅く受け取るかをユーザーが選べるようになった点だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。