2015年12月18日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド“脱電子メール”で生産性向上、実現の裏側には何がある?

今までコミュニケーションの主力プラットフォームだった電子メールの時代の終わりが近づいている。脱メールで生産性向上を果たした2つの企業の事例を紹介する。

[TechTargetジャパン]
“脱電子メール”で生産性向上、実現の裏側には何がある?

 どのテクノロジーにも寿命はある。電子メールは依然として企業における主要な連絡方法となっているが、今後数年の間に大きな変化が訪れる可能性がある。実際に社内のコミュニケーションとしてソーシャルコラボレーションソフトウェアを採用したところ、メールを使わなくなったという企業もいる。さらにメール自体が業務の支障になっているケースも見聞きする。

 電子メールが持つ課題には、どのようなものがあるのだろうか。また、電子メールからコラボレーションソフトウェアに移行した場合、それらの課題を解決することはできるのだろうか。本稿では、電子メールの立場を再度確認しつつ、脱メールで生産性向上を果たした2つの企業の事例を紹介する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。