2015年12月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT予算が増えた企業、減った企業比較して分かるIT部門の“微妙な現状” 増えた予算はどこに消えた? (1/2)

米TechTargetが実施した2015年度の給与調査では、「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かったという。しかし、過去の結果と比較して分かった本当の現状とは。

[Francesca Sales,TechTarget]
tn_tt_salary.jpg Apexの公式Webサイト《クリックで拡大》

 環境コンサルティング企業の米Apexで情報システム部門のディレクターを務めているフィル・スタスコ氏は、2015年にIT部門の人員と予算が大幅に増えたと回答したITシニアリーダーの1人だ。Apexでは、IT部門の予算が前年比で20%増加しただけでなく、ITスタッフも30%増員した。

 ただし、米TechTargetが実施した「2015 Annual IT Salary and Careers Survey」という給与調査の結果では、2015年にスタスコ氏が経験したような健全な予算の増加と大幅な人員増加を、多くのITシニアリーダーが経験したわけではないことが明らかになっている。

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...