2016年01月08日 17時00分 UPDATE
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介「アナログだけでは限界」――国際医療福祉専門学校が救急救命士育成にITを生かす訳

救命救急士の育成にITを生かす、国際医療福祉専門学校の救急救命学科。IT導入に至ったいきさつとは? 同学科でIT活用を推進する学科主任の小澤貴裕氏が明かします。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | iTeachers | 教育


国際医療福祉専門学校の小澤貴裕氏、橋本竜二さん、池亀真紀さん iTeachers TV第30回は、国際医療福祉専門学校の救急救命学科でIT活用を推進する小澤貴裕氏が登場《クリックで拡大》

 ITを救急救命士の育成に生かすのが、国際医療福祉専門学校(千葉市中央区)の救急救命学科です。2014年度には、新入生を対象に米Appleのタブレット「iPad」を1人1台導入。Ednityの教育機関向けSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)である「ednity」や米Googleのオンライングループウェア「Google Apps」も活用し、生徒や教員間の連絡や情報共有に生かしています。iTeachers TV第30回では、同学科でIT活用を推進する学科主任の小澤貴裕氏が登場。IT導入のいきさつを明かします。

 同学科がIT活用を推進する背景には、「短期間に多くのことを教える必要がある」という課題意識があったと、小澤氏は説明します。生徒は救急救命士国家試験はもちろん、一般的な勤務先となる消防署に務めるために、消防士の採用試験にも合格する必要があります。同校救急救命学科は2年課程であり、生徒は最短2年でこれらの試験への対策を進めることになります。さらに専任教員は4人。座学だけでなく実技指導も必要で、学習の質を維持しつつ効率化を図るには「アナログな手段だけでは限界があった」と同氏は語ります。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、玉川大学の小酒井 正和 准教授が登場。第23回(「アクティブラーニングとITの“橋渡し役”、『情報リテラシー』とは何か」を参照)でも取り上げた、米littleBits Electronicsのオープンソースライブラリ「littleBits」をベースにした電子工作キット(以下、littleBits)を紹介します。パーツをくっつけるといった簡単な作業で電子回路を作成できるlittleBitsは、論理的思考力と創造力、チームワークの育成手段としても生かせると小酒井准教授は説明します。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「次へ」ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

教育機関のIT製品導入に関する読者調査を実施中!

学校や学習塾、教育委員会など、教育機関でのIT製品/サービスの導入に関与する方を対象に、IT導入の現状や課題、投資意欲などの状況をお伺いするアンケート調査を実施しています。

 アンケート回答者の中から抽選で、3名さまに「Amazonギフト券(5000円分)」、をプレゼントします。今後の情報提供やサービス改善のため、ぜひアンケートにご協力ください。


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

選挙の情報収集手段 10代はインターネットが7割、主婦はテレビが8割超
投票だよ、おっ母さん。わが国、そして世界のそこかしこで政治の季節を迎えつつある昨今...

news108.jpg

マーケティングオートメーション「ListFinder」、セミナー管理機能を追加
イノベーションは、B2Bに特化したマーケティングオートメーションツール「ListFinder」に...