Loading
2016年01月25日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャストアドテク企業ジーニーの選択、AWSからオンプレミスへインフラ移行した背景とは?

大量のデータ分析から、価値を生み出せるかどうかが企業の戦略を左右する。SSP、DSP、DMPをワンストップで提供するアドテク企業ジーニーでは、事業の拡大に伴いシステム基盤をクラウドからオンプレミスに移行。その判断の背景に迫る。

[ITmedia]

 ジーニーでは、クラウドから高密度の物理サーバへの移行がコスト面や運用管理面からメリットがあるとして、2012年よりサーバ移行を行ってきた。事業黎明期には、コスト面の理由からAWSなどのパブリッククラウドを採用してきたが、事業拡大とともにデータが急増。オンプレミスへとシステム基盤を移行を進めてきた。

 クラウドからオンプレミスへ移行する際には、クラウドの環境をそのまま移行すると管理が大変なため、ソフトウェアをマルチコアに最適化し、サーバの密度を高め、サーバ台数を抑えることにも取り組んでいる。

 本コンテンツは、ジーニーの技術マネジャーによるLIVEオンラインセミナーである。同社のシステムは、経年でどのように変わってきたのか、その背景にあるインフラ投資の考え方とは何か。また、Hadoopやアドテクの分析基盤用途にインテル® Xeon® プロセッサーを搭載したDell PowerEdgeサーバを活用している。こちらのシステム構成についても具体的に示されている上、そうしたシステム構成を支える製品についても解説されており、サーバ運用の効率化を考えるシステム担当者には、ぜひ確認してほしい内容である。

Intel Inside®
パワフルなデータセンターを
ge_intel_xeon151030.png