2016年01月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ビジネスユーザー開拓は次のステージへ「iPad Pro」アプリはどうなる? AppleとIBMの“iOS提携”に目を輝かせる人々

米IBMは米Appleとの提携の1つの成果として、iPhoneとiPad向けのビジネスアプリが100本に到達したと発表した。Appleはますます法人分野への注力を示し、IBMは次の展開にiPad Pro専用のアプリ開発を進めている。

[Ramin Edmond,TechTarget]
関連画像

 2015年12月には、米Appleと米IBMの提携を通じて48本のiOS専用「MobileFirst for iOS」アプリがリリースされた。いずれもパワフルな分析機能を備えた使いやすいビジネスツールとして設計されている。

 IBMは2014年に次のように表明していた。職場でiPhoneとiPadを有効活用してもらうためのエンタープライズ向けiOSアプリを2015年末までに展開する、そしてこのパートナーシップに基づき、IBMとAppleは100本のiOSアプリを、医療、観光、小売り、金融など14業種と65の職種向けに共同開発する、と。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

Instagram「ショッピング機能」、動画対応など3つのアップデート
Instagramは、「ショッピング機能」における3つのアップデートを発表した。

news033.jpg

メルカリでの平均取引価格から算出した宅内の不要品の価値は推計37兆円――みんなのかくれ資産調査委員会調べ
金融、不動産に続く第3の資産、みなさんのご自宅にも眠っているのではないでしょうか。

news143.jpg

マーケターが「知らない」では済まない炎上対策、プロのネットウォッチャーが語る
ネットウォッチャーとして知られるおおつねまさふみ氏が、WOM(口コミ)マーケティングの...