2016年01月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド今注目のITキーワード「SDS」の正体を探る

新しい技術である「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)が注目されている。しかし、時としてIT部門を惑わす結果を招いてしまう。

[TechTargetジャパン]
今注目のITキーワード「SDS」の正体を探る

 「ハイパーコンバージドストレージ」と「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS:Software-Defined Storage)と呼ばれる新しいキーワードが注目されている。中でも、SDSはエンタープライズストレージ業界で今最もホットなテクノロジーの1つだ。米VMwareから米IBMまで、さまざまなベンダーがSDS製品をリリースしている。だが、SDSが仮想ストレージや普通のストレージ管理ソフトウェアとどう構成が違うのかを理解するのは難しい。

 そもそもSDSとは何なのだろうか。SDSの概要や導入するメリット、導入の注意点などを整理してみよう。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

Instagram「ショッピング機能」、動画対応など3つのアップデート
Instagramは、「ショッピング機能」における3つのアップデートを発表した。

news033.jpg

メルカリでの平均取引価格から算出した宅内の不要品の価値は推計37兆円――みんなのかくれ資産調査委員会調べ
金融、不動産に続く第3の資産、みなさんのご自宅にも眠っているのではないでしょうか。

news143.jpg

マーケターが「知らない」では済まない炎上対策、プロのネットウォッチャーが語る
ネットウォッチャーとして知られるおおつねまさふみ氏が、WOM(口コミ)マーケティングの...