2016年01月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

フランス原子力・代替エネルギー庁導入事例ディレクトリ構造の限界とフラットなオブジェクトストレージの可能性

ファイル/ブロックベースの大規模なストレージをオブジェクトストレージにリプレースしつつあるフランス原子力・代替エネルギー庁。彼らがオブジェクトストレージに見いだした可能性とは?

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 フランス原子力・代替エネルギー庁(CEA)は、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の運用に利用するストレージアーキテクチャを開発するに当たり、テストベッドプロジェクト向けに米Scalityのオブジェクトストレージソフトウェアを選んだ。

Computer Weekly日本語版 1月6日号無料ダウンロード

18414.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 1月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 CEAの狙いは、Military Applications Division(DAM:軍事応用局)のストレージアーキテクチャの一部として「Scality」を組み込むことだ。そのメリットとして、ストレージハードウェアへの依存性をなくすことと、HDDのスループット向上を期待している。

 仏パリ近郊のCEA/DAMの拠点では、何十万基ものCPUと数十P(ペタ)Bのストレージを使って処理する、数Pフロップス級の研究を行っている。

 現在は、米DataDirect Networksの大容量ストレージと英Xyratex(2014年にSeagateが買収)の並列ファイルシステム「Lustre」を使用するファイル/ブロックベースの高速ストレージで構成されている。

 DAMは、このHPCのファイル/ブロックベースのストレージを2020年までに置き換えることを目指し、オブジェクトベースのソフトウェア定義分散ストレージ「Scality RING」を利用するテストプログラムを開始した。

 「Scalityはソフトウェア製品であり、ストレージのハードウェアが限定されない。それだけでなく、入出力(I/O)効率を大幅に改善して、物理ストレージの帯域幅を広げることを目的としている」と、CEAで科学コンピューティング施設部門の責任者を務めるジャック・チャールズ・ラフォクリエール氏は語る。

 「ブロックモデルやファイルモデルによるアクセスにすると、帯域幅の効率が20〜30%向上する。これをオブジェクトストレージインタフェースに移行すれば、向上する帯域幅効率が100%近くになると考えている」と同氏は言う。

 「POSIX」(UNIX系OSの最小限のAPIセット)とブロック/ファイルストレージのツリー構造が原因で、アプリケーションやストレージはハードウェアを最大限に生かせず、効率を低下させているとラフォクリエール氏は言う。

 「オブジェクトインタフェースに移行すれば、何百MBものオブジェクトを処理できるようになり、I/Oも最適化できる。さらに、データとメタデータの複雑さを管理する必要もない」

 「ファイル/ブロックストレージは、そのツリー構造と複数のディレクトリに散在するデータを収集しなければならない。その上、POSIXのセマンティクスへの準拠が求められる。その結果、スケーリングに問題が生じたり、多くのCPUから同じデータセットにアクセスする際に問題が発生したりすることになる」

 ラフォクリエール氏は次のように付け加えた。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

IMJ、フライシュマン・ヒラード・ジャパンとB2B向けデジタルマーケティングプログラムを開発
アイ・エム・ジェイはフライシュマン・ヒラード・ジャパンと共同で、B2B向けデジタルマー...

news104.jpg

サンリオ特設サイトにプッシュ通知機能、Mobifyが提供
ドーモは、WebサイトからスマートフォンやPCにプッシュ通知を送る「Webプッシュサービス...

news009.gif

「インストール」はゴールではない――アプリ広告の効果をどう検証するのか?
重要度を増すモバイルアプリにおいて、ビジネス視点から見て合理的なプロモーション効果...