2016年01月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

鍵は「Android for Work」“ビジネス仕様のAndroid”を現実にするセキュリティ機能と、その限界

「Android」のセキュリティ機能は、「iOS」に比べると遠く及ばない。しかし「Android for Work」の機能やデュアルペルソナ技術などを利用することで、IT部門はAndroid端末の保護を強化できる。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Android for Work Android for Work《クリックで拡大》

 「Android」はオープンソースであり、さまざまな種類のデバイスに搭載されているという性質上、本質的にセキュリティ対策が難しい。

 Appleのみがコントロールを握り、Apple独自の端末のみに搭載されているプロプライエタリOSの「iOS」は、Androidとは違う。AndroidはSamsung ElectronicsやHTC、Google他多数のメーカーのハードウェアに搭載されていて、それぞれが異なる基準やアプローチでモバイル端末を開発している。結果として、違うベンダーのAndroid端末に、同じものは2つとして存在しない。つまり、それぞれの種類の端末を保護する手段も異なる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。