Loading
2016年01月29日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供WebキャストITインフラを“適材適所”で使い分ける、OpenStackソリューションのすすめ

ITサービスの迅速なリリースと運用効率性の向上のため、「OpenStack」を用いたプライベートクラウドに注目が集まる。ソフトウェアとハードウェア、ライフサイクル支援が一体化された、OpenStackソリューションについて解説する。

[ITmedia]

 企業のIT基盤の整備の際に、用途やライフサイクルなどの要件に応じてオンプレミスとクラウドを適材適所で使い分けることが常識となりつつある。そこで注目を集めるのがオープンソフトウェア「OpenStack」を用いたプライベートクラウドの導入だ。

 「OpenStack環境構築をどう進めればよいか」「本番利用に問題がないか」といったニーズに応えるのが、LinuxのOpenStackプラットフォーム「Dell Red Hat Cloud Solution」だ。

 本Webキャストは、ワークロードの柔軟性や拡張性を備えた「Dell Red Hat Cloud Solution」の特長について解説している。ITサービスの迅速な構築と運用効率の向上を考える経営層やIT担当者には、ぜひ確認してほしい内容である。

画像
Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

Dell PowerEdgeサーバはプライベートクラウド構築に最適なインテル® Xeon® プロセッサーを搭載可能

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。