2016年02月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Gartnerが楽観論を展開Windows 10の将来は意外に安泰?

「Windows 10は最もインストールされるWindowsになる」という見解を発表したGartner。同社がWindows 10をそう評価する理由とは?

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米Gartnerによると、多くの企業や組織が2016年前半に「Windows 10」のパイロット運用を計画しているという。2016年後半には、IT部門がさらに運用範囲を広げるだろうとも予測している。

Computer Weekly日本語版 2月3日号無料ダウンロード

18607.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月3日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Gartnerは、少なくとも半数の組織が2017年初頭に運用環境への導入を始めると想定している。これは、2020年の「Windows 7」サポート終了を控え、2019年中には移行を完了したいと考える組織が多いためだ。

 Windows 10は、かつての「Windows XP」やWindows 7と同様、Windows史上最も広くインストールされるバージョンになろうとしているとGartnerはみている。

 かつて、IT部門はWindows XPからWindows 7への切り替えをためらった。だが、Windows 10ではそのような遅れは生じないないとGartnerは予測。同社調査部門のバイスプレジデントを務めるスティーブ・クレインハンス氏は次のように話す。「企業のWindows 10導入は、2009年のWindows 7導入よりもはるかに短期間で行われると考えられる」

 Windows 7に対応するアプリケーションやデバイスとの互換性が高いことに加え、タブレットや2-in-1デバイスの導入を求める社員が多いことから、企業はWindows 10の導入を余儀なくされる。

 コンシューマーは無料アップグレードを利用できることから、Windows 10を使いこなすユーザーは増えるだろう。

 「iOS」や「Android」などのモバイルOSの普及を考えると、企業のアプリケーションポートフォリオは徐々にプラットフォームに依存しなくなり、あらゆるデバイスからアプリケーションにアクセスできるようになるだろう。

 プラットフォームが限定されるWindowsアプリケーションは一定水準を下回り(アプリケーションポートフォリオの20〜30%)、「管理できるぐらいの少数派」になる。その結果、デバイスに縛られない配布方法を用いるアプリケーションに限定することが、企業にとって財政面でも運用面でも次第に魅力的になるとGartnerは予測する。

 Gartnerのバイスプレジデント兼最上級アナリストのケン・デュレイニー氏は言う。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...

news121.jpg

IMJとブレインパッド、「Rtoaster」と「Salesforce Marketing Cloud」のデータ連携パッケージを共同開発
アイ・エム・ジェイとブレインパッドは「Rtoaster」と「Salesforce Marketing Cloud」の...