Loading
2016年02月17日 10時00分 公開
PR

セミナーでBIテクを短期習得導入企業が語る「脱Excelで分析データが初めて使い物になる」理由

業務データの分析に威力を発揮するBIツールを導入する企業が増えている。しかし、BIツールは魔法の箱ではない。使いこなすには「適切な思考」が必要だ。そのスキルを習得する近道がある。

[ITmedia]

 基幹システムや業務システムに蓄積された膨大なデータを、当たり前のように「Microsoft Excel」で取り込み、膨大な時間をかけて集計して、経営層、マネジメント層へ報告している企業はまだまだ多い。

 しかし、データ集計に多大な時間とコストを掛けているのは大きなムダだ。それ以上に重要な意思決定が遅れていくことは、企業にとって大きな損失といえる。毎月、毎週と繰り返されるExcelでのデータ分析作業に限界を感じ、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールへの移行を検討する企業も多いが、「BIツールで本当にExcelからの脱却が図れるのか?」「BIツールって業務部門でも使いこなせるのか?」と疑心暗鬼な企業も少なくないだろう。

 そこで、あるBIセミナーに参加して、BIツールによって脱Excelを図った企業のナマの声を聞いてきた。BI導入企業が本音で語る「脱Excelでこんなに業務が変わった」理由を紹介しよう。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部