2016年03月04日 08時00分 UPDATE
特集/連載

調査で見えてきたIT投資53カ国で調査を実施、企業が今後導入する技術・停止する技術

53カ国のIT担当者1267人を対象に、IT導入意向を調査。その結果、今後導入が進む技術が判明した。既に導入が進み、さらに導入されるものは? 仮想化市場に変化は訪れるのか。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 IT部門の約5分の1(19%)が、今後2、3年以内にHDDストレージの運用停止を計画している。さらに、自社のデータセンターにオールフラッシュアレイやハイブリッドフラッシュアレイを導入する計画を立てているIT部門は約40%に上る。また、今後導入予定の取り組みとして、Software-Defined Storage(SDS)(36%)やハイパーコンバージドインフラ(35%)も高い数字を残している。

Computer Weekly日本語版 3月2日号無料ダウンロード

18770.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月2日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 これらは、フラッシュの高速化とSDSの提供を行うサプライヤー、Atlantis Computingが第三者に委託して実施した調査の結果だ。この調査は53カ国のIT担当者1267人を対象に実施されたもの。使用中のストレージテクノロジーや仮想化についての設問もある。

 SDSはストレージソフトウェアを使用して、既存のディスクや専用容量から共有ストレージのプールを作成して管理する。主な魅力は、事前にパッケージ化されるストレージアレイに比べて予算を節約できる点にある。

 ハイパーコンバージドインフラは、コンピューティング、ストレージ、ネットワークを1つにまとめたものだ。これは、GoogleやFacebookなどのWeb大手企業が先駆けて開発したモジュール型のハイパースケールアーキテクチャから一部着想を得たトレンドだ。

 この調査はHDDの減少傾向を示しているが、今のところフラッシュがHDDをしのぐところまではいっていない。同調査によれば、ストレージ容量の50%超をフラッシュで代用しているデータセンターは5%に過ぎなかった。5分の1(21%)はフラッシュストレージを導入しておらず、フラッシュストレージの容量が10%未満のデータセンターも61%に及ぶ。だが、3分の1(33%)がストレージ容量の10〜50%にフラッシュを使用しているともいえる。

 なお、ハイブリッドフラッシュアレイを導入しているデータセンターは55%、オールフラッシュアレイは21%、SDSは16%、ハイパーコンバージドインフラは16%だった。

 次に採用予定のストレージテクノロジーについての質問を見てみよう。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news151.png

スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に不正広告対策機能を導入
GMO TECHは、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」において、オンライン広告...

news116.jpg

トランスコスモス、Facebook Messengerを利用した新たな顧客コミュニケーションサービスを開始
トランスコスモスは、「Facebook Messenger」を利用した企業と顧客とのコミュニケーショ...

news112.jpg

電通と日経、企業イメージの形成要因を特定する解析サービスを共同開発
電通と日本経済新聞社は、企業イメージの形成要因が特定できる「企業イメージKPIモデル」...