2016年03月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Apple vs. FBI」はまだまだ続く「iPhone」のバックドア論争で見えてきた、裁判所の命令が“時代遅れ”な理由

GoogleやMicrosoftといった大手クラウド事業者が「RSA Conference 2016」のパネルディスカッションで、データ暗号化を巡るAppleと米連邦捜査局(FBI)の法的争いについて論議した。

[Rob Wright,TechTarget]
反対表明 Appleが公開したiPhoneのロック解除の反対表明《クリックで拡大》

 2016年2月29日に開催された「RSA Conference 2016」のクラウドセキュリティアライアンスサミットで、業界大手のクラウド事業者がiPhoneのバックドア問題に触れ、米連邦捜査局(FBI)と米連邦政府の行動に異議を唱えた。

 クラウド事業者のパネルディスカッションは、管理型セキュリティサービス事業者Herjavec Groupの最高経営責任者(CEO)でテレビ番組「Shark Tank」の共同司会を務めるロバート・ハージャベック氏の進行で行われた。2015年12月にカリフォルニア州サンバーナーディーノで起きたテロ事件の容疑者が使っていたiPhoneのロック解除をAppleに迫ったFBIの対応について、Microsoft、Google、Dropbox、Rackspaceの担当者がそれぞれ見解を語った。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...