2016年03月15日 15時00分 UPDATE
特集/連載

IaaS市場の統合でこれから起きることクラウドユーザーはベンダーロックインの悪夢をまた見るのか

IaaS市場は統合が続いており、クラウドユーザーは新しい難題と危機に直面するだろう。しかし悪いニュースばかりではない。

[Alan R. Earls,TechTarget]
画像 主要サービス比較(TechTargetジャパン記事「AWS、Azure、Google――クラウド“ビッグスリー”比較表で分かる本当の勝者」から)《クリックで拡大》

 「IaaS(Infrastructure as a Service)」の分野は縮小しているように思われる。そして統合が続くことで、IaaS市場の力関係が変わるはずだと、ほとんどの業界関係者およびクラウドユーザーは見ている。

 これらの変化が長期的に何を意味するかは現時点では不明である。しかし、少なくとも今の時点では、IaaS市場における統合は、選択肢が今より少なくなることにつながり、より多くのユーザーがMicrosoftやAmazon Web Services(Amazon)、Googleといった「安全な」プロバイダーに賭けるようになる。また、クラウドベンダーの束縛という新しい懸念を引き起こすだろう。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

電通デジタルとトライベック、オムニチャネルを視野に入れた「ECサイト診断」サービスを提供開始
電通デジタルとトライベック・ストラテジーは、両社が共同開発した「ECサイト診断」サー...

news032.png

「WEBCAS e-mail」、複数メールの横断分析やトランザクションデータの差し込みができる新バージョンを発売
エイジアはメール配信システム「WEBCAS e-mail」の新バージョンを発売すると発表した。新...

news010.jpg

最後はやはり「人間」だから――B2Bマーケティングにおけるエモーショナルなアプローチの意義
米国のB2Bマーケティングは、日本に比べて圧倒的に進んでいるといわれています。今回は、...