2016年03月24日 15時00分 UPDATE
特集/連載

当事者が語る2年半の成果“風通しの良い”企業はDevOpsにMicrosoft製品をどう使うのか

DevOps業務にMicrosoft製品をどのように採用しているのか。米国の自閉症・関連障害センターで最高技術責任者(CTO)を務めるアルバ・パウエル氏に話を聞いた。

[Jan Stafford,TechTarget]
CARD CARDのWebサイト《クリックで拡大》

 開発担当者と運用担当者が連携してアプリケーション開発を進める「DevOps」。このDevOpsを採用する企業は、新製品の導入やアップグレードをどのように選択し、Microsoftとそれ以外の製品をどのように使い分けているのか。The Center for Autism and Related Disorders(CARD、自閉症・関連障害センター)の最高技術責任者(CTO)のアルバ・パウエル氏は、以下のように説明する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...