2016年03月29日 12時00分 UPDATE
特集/連載

大学のIT部門が生きる道【前編】学生はなぜ“使ってはいけないアプリ”を勝手に利用したがるのか

クラウドサービスの普及は、大学をはじめとする高等教育機関のIT活用の在り方を変えつつある。利便性とセキュリティの間で葛藤する高等教育機関のIT部門の現状を追う。

[Jason Sparapani,TechTarget]

関連キーワード

教育 | 教育IT | 勝手クラウド | シャドーIT


Hofstra University IT活用の方向性を模索する高等教育機関のIT部門(画面はHofstra UniversityのWebサイト)《クリックで拡大》

 高等教育機関のIT部門には困難な任務が課されている。それは増加の一途(いっと)をたどる脅威から保護しながら、データやアプリケーションへアクセスしやすい環境を維持することだ。

 Hofstra University(ホフストラ大学)のロバート・ジャッキーウィズ氏は、IT部門の全メンバーがコンサルタントだと考えている。これにはマシンルームのオペレーターも含まれる。

教育機関のIT部門が生きる道

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

雑誌広告はどのくらい見られているのか?――ビデオリサーチ調べ
ビデオリサーチは、日本雑誌協会と日本雑誌広告協会に協力し、2018年2〜4月の「雑誌広告...

news114.jpg

GoogleアナリティクスとShirofuneが連携
Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」に、1分で終了する簡単な設定だけでGo...