2016年04月13日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルデータセキュリティ向上ガイド「iPhone」にも「Android」にも役立つ、個人情報ダダ漏れを防ぐ5つの手段

モバイルデバイスにはセキュリティの懸念点が少なくない。従業員が使うモバイルデバイスのデータを保護するには、現状の脅威に関する正しい知識と、対策となる技術の理解が役に立つ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
iPhone SE モバイルデバイスのセキュリティをどう確保するか(出典: Apple)《クリックで拡大》

 従業員が「iPhone」や「Android」スマートフォンといったモバイルデバイスを業務に使う場合、企業のIT部門が各デバイスのセキュリティを確保するためには、知識が必要だ。

 モバイルデバイスのデータは、多種多様な方法で悪用される可能性がある。パスコードを設定していないデバイスを紛失したり盗まれたりする単純な例もあれば、従業員のスマートフォンに入り込んだ不正アプリケーションから企業のネットワークに侵入されるといった複雑な例もある。

 どこで発生する脅威であれ、少なくともそのリスクを小さく抑えることは可能だ。

モバイルデータセキュリティの主要な手段

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。