Loading
2016年04月28日 10時00分 UPDATE
PR

無線LANを活用してビジネスを加速する通信速度、安全性……、高まる無線LANへの要求にIT部門はどう応えるか

オフィスでの無線LAN利用が当たり前となった昨今。無線LANの通信速度や安定性、セキュリティ、管理性といったさらなる要求がIT部門に突き付けられている。ユーザーも管理者も満足できるネットワークとは。

[ITmedia]

 モバイルデバイスの活用を前提としたIT環境を構築する「モバイルファースト」という考え方が浸透する中、無線LAN環境に対するニーズが高まっている。ワークスタイル変革の一環としてオフィスにフリーレイアウト制を導入したり、マルチデバイス対応を図ったりする企業は少なくない。こうした環境の実現にはモバイルデバイスに加え、デバイスをケーブルに直結させることなくネットワーク接続を可能にする無線LANの導入が不可欠だ。

 既に無線LANを導入している企業も多いだろうが、適切な技術や機器を利用していないがために、安全性に不安があったり、パフォーマンスに不満があったりするケースもある。増大する無線LANトラフィックをきちんと制御できなくなっているのだ。

 無線LANは、電波を用いるネットワーク技術であるが故に、安定したパフォーマンスや通信の安全性を確保することが難しいと考えられてきた。しかし、企業向けに洗練された技術や製品を選定すれば、管理性に優れた満足度の高いネットワーク接続を実現できるようになる。そのポイントについて解説しよう。

提供:株式会社日立システムズ/日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:株式会社日立システムズ/日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部