2016年05月06日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド中堅・中小企業の成長の鍵は“脱Excel”?

「Microsoft Excel」は便利な分析ツールだが、社内でデータの一貫性を管理することが難しい場合がある。中堅・中小企業も「BIツール」の活用を前向きに検討してみてはいかがだろうか。

[TechTargetジャパン]
中堅・中小企業の成長の鍵は“脱Excel”?

 Microsoft Excelは強力な分析機能を備えているものの、従業員ごとに非定型な使い方をしているケースが多く、社内でデータの一貫性を管理することが難しい場合がある。そのような状態から報告書を制作しようとすると、どうしても時間がかかって非効率的だ。

 そこで注目されるのが「BIツール」。本稿では、ExcelからBIツールに移行した事例と、9種類のBIツールを比較した結果を紹介する。

 ビッグデータ時代に備え、中堅・中小企業にオススメの「BIツール」の活用法をお伝えする。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...