2016年05月17日 13時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

【PR】デル株式会社提供ホワイトペーパーHadoopやSAP HANAの環境構築、導入前に確認すべき製品選びのポイント

変化の激しいビジネス環境に対応するには、膨大なデータを分析し、洞察を得ることが不可欠だ。HadoopやSAP HANAなど、ビッグデータ分析基盤として注目されるテクノロジーを導入するためのポイントを解説する。

[提供:デル株式会社]

 ビッグデータやIoTなどのテクノロジーを経営に取り入れることが当たり前となり、データ分析基盤としてHadoopなどを採用する企業が増えている。しかし、セットアップの難解さなどを理由に導入できずにいる企業も少なくない。このように従来型のシステム構築手法しか持たないため、複雑化する要件に対応できないケースもある。

 そこで選ばれているのが、ワークロードに最適化したハードウェア、ソフトウェア、サービスを一体化した製品群だ。Hadoopであれば、Cloudera Enterpriseのサブスクリプションを含めたコンポーネントを一括で提供する。これにより、導入が容易となり、コストも最適化できる。また、サーバやネットワーク製品のサポートもワンストップで受けられる。

 本コンテンツは、HadoopやSAP HANAなどの注目のテクノロジーの導入をトータルでサポートする製品の解説である。機能説明だけでなく、コストやパフォーマンスの比較など、製品選定のポイントが具体的に示されている。


提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部