2016年05月17日 13時00分 UPDATE
カスタムナーチャリング

【PR】デル株式会社提供ホワイトペーパーBI経費が半減、応答時間も60%高速化、「中央統制」という発想でデータ分析を強化

企業がさまざまなBI基盤を用いてデータ分析をする目的は、現状に対する認識と将来に対する正確な把握だ。グローバルに拠点展開している企業のデータ分析において、陥りやすい問題とそこから正しい進路に導く方法を探る。

[提供:デル株式会社]

 データ分析のコストがかさみ、期待する成果も挙げられず、現場が混乱しているときは、基本的な分析体制の改善に着手することが望ましい。

 グローバルに展開する企業のデータ分析体制が陥りやすいわなは、拠点やリージョンの特殊性をそのまま受け入れ、KPIの種類が膨大となり、標準化できなくなることだ。適格な判断、生産性向上、経費削減が進まず、データ分析コストだけが増加する状態を避けるには、IT部門と事業部門の連携がポイントとなる。

 本ホワイトペーパーは、データ分析の現状を打破するため、デルのIT部門と各事業部のリーダーたちが協力し、変革していく様子を解説したものだ。その際デルは、ビッグデータ分析に最適なインテル Xeon プロセッサーを搭載したサーバを活用し、BIレポーティングとコストの合理化を図るシステムを設計した。結果、BI経費は半減し、非標準のKPI/業績評価基準は50%削減など変革の成功を実現。各リーダーが「中央統制」という発想を持ってチャレンジしている様子が詳しく示されている。


提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部