2016年05月17日 15時00分 UPDATE
特集/連載

PCからモバイルへのシフトも加速医療IT最新調査で明らかになった「セキュリティ対策が全ての投資対象を突き放す」

医療現場のIT活用で注目のキーワードが「ポピュレーションヘルス」だ。現場の効率化を実現する新しいプラットフォームだが、購買担当者は限りある予算を別なものに振り向けようとしている。

[Shaun Sutner,TechTarget]
現場の苦しみを知らない経営層やシステム導入担当者にとって、セキュリティ対策と法令順守のための準備は医療現場の効率化とくらべてはるかに優先度が高い(出典:PC USER掲載記事より)

 現代の医療データネットワークは、憂慮すべき頻度でサイバー攻撃を受けている。米国ではHIPAA(米国医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令)に基づく監査の時期が迫っていることから、多くの医療機関では2016年に医療のデータセキュリティとHIPAAコンプライアンスについて重点的に投資する計画だ。

 このあおりを受けて、これまで多くの医療関係者が切望してきたポピュレーションヘルス(総合的な健康情報活用プラットフォーム)とデータ分析用のソフトウェアシステムなどの購入計画は、延期になる可能性が高い。この原因は、医療IT購買担当者がデータセキュリティとコンプライアンスを重視していることにある。

 米TechTargetが2016年に実施した医療IT担当者向けの調査では購買動機に関してポピュレーションヘルスとデータ分析用ソフトウェアシステムが特に目立っていた(調査の発行元はSearchHealthITだ。College of Healthcare Information Management Executivesの協力を得て行っている)

 IT担当者181人を対象に行ったこの調査では、相互運用性を非常に重視していることも明らかになった。ITの全ての段階にクラウドテクノロジーを取り入れようとするなど、これまでの調査では例を見ないほど積極的で、かつ、モバイル医療や遠隔医療に向けた動きがあることも判明している。

医療におけるデータセキュリティと相互運用性

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...