Loading
2016年05月25日 10時00分 UPDATE
PR

大量データも超高速バックアップOracle DB運用の最適化と、失敗のないリカバリを両立させる“ここにしかない”方法

日々増え続ける重要なデータのバックアップ運用は、IT担当者の悩みの種だ。複数のデータベースが乱立する環境であっても、バックアップ処理が楽になり、さらにリカバリの確実なテストもできる方法はないだろうか?

[ITmedia]

 日々のデータバックアップは、企業が保有する貴重な情報資産を守る上で極めて重要な取り組みだ。だが多くのシステム運用担当者にとって、できることなら避けて通りたい作業ではないだろうか。日々増え続けるデータ。それに比例して日に日に長くなる夜間バッチのバックアップ処理。「今夜こそは時間内にきちんと終えられるだろうか……」と嘆く担当者は少なくない。

 年々新たなアプリケーションを導入するために新たなデータベースが作られ、併せてそのバックアップシステムが構築されていく。そのたびに新たなバックアップ方式を導入していくと、社内には異なるバックアップシステムが乱立し、全てを一元的に管理することが不可能に近くなる。

 そもそも、こうして日々苦労しているバックアップ作業は、いざというときデータを復旧するためにやっているはずだ。では、本当に今取っているバックアップデータから、きちんとデータベースを復旧できるのだろうか。リカバリのテストもして、確実なバックアップの確認をすることが理想的だ。

 本当は潜在的な問題を多く抱えているはずの、データベースのバックアップ/リカバリの手順を見直し、現実的な解決策を探ってみよう。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部