2016年05月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドベースのUCサービスを巡る戦い価格の「Office 365」 vs. 電話連携の「Cisco Spark」、一長一短ある両雄をどう選ぶ?

Cisco SystemsとMicrosoftのクラウドコミュニケーションサービス、それぞれの長所と短所とは何か。料金面ではMicrosoftの勝ちだが、既に複雑な電話システムを導入している企業はCiscoにメリットを見いだすだろう。

[Antone Gonsalves,TechTarget]

 Microsoftのクラウド版グループウェア「Office 365」で、ユニファイドコミュニケーション(UC)機能を利用すれば、Cisco Systemsがクラウドベースで提供するUCアプリケーションよりも、コストははるかに少なく済む。ただし、この主要2社のUCサービスを詳しく比較すると、料金以外にも重要な違いがあることが分かる。

UC市場の大半を占める2社

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news042.jpg

訪日外国人観光客が礼賛、おもてなし力が高い日本の都市トップ10――Airbnb調査
訪日外国人旅行者の目的が体験型消費に移行しつつあるといわれる中、どのような都市が高...

news033.jpg

Facebook日本進出から10年、個人情報不正利用問題が広告事業に与える影響は?
Facebook日本進出10周年に当たり、フェイスブックジャパンは記者向けの説明会を開催。気...

news114.jpg

LINE、QRコード読み込みで即時抽選ができる店頭販促支援サービス「LINEインスタントウィン」を提供
LINEは、「LINE」を活用した店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の新メニューと...