Loading
2016年06月01日 10時00分 UPDATE
PR

PoCサービスはどこまで使えるかビッグデータ環境構築の成功と失敗の分かれ道、カギを握るのは?

一般的になりつつあるビッグデータによる分析だが、環境構築の内容によっては、その成功と失敗が明確に分かれることが分かってきた。失敗を避け、成功させるカギとは?

[岡崎勝己,TechTargetジャパン]

 企業のデータ分析ニーズが急速に多様化しつつある。その理由は明らかだ。分析対象となるデータの種類と量が爆発的に増えているからだ。情報活用の重要性はこれまでも広く認知され、企業では各種システムで業務データを収集・管理するとともに、それらの分析に力を入れてきた。ただし、分析対象が会計データや売り上げデータ、顧客データなどの社内データに限定されるという課題があった。

 だが、ビッグデータの本格活用が始まり、状況は一変する。センサーデータやアクセスログ、SNSのテキストデータなど、これまで存在しなかった多様なデータが新たに分析対象となり、場合によっては社外からも容易に調達できる。これにより、従来の範囲を大きく超えたデータ活用が見込まれる。

 ビッグデータ分析を今後、さらに推し進めるための“策”とは。本稿では、そのためのシステムの在り方と、最適化手法について紹介したい。

提供:シスコシステムズ合同会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

提供:シスコシステムズ合同会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部