Loading
2016年06月01日 10時00分 UPDATE
PR

「見える化」だけでは現場の負担増専門スキル“ゼロ”でもできる、データ分析をリアルタイムな経営判断に生かす方法

「経営判断を、データに基づいてリアルタイムに実施したい」という要望を持つ企業は少なくない。これは大企業だけではなく、中堅・中小企業でも実現できる話だ。一体、どのような方法があるのだろうか?

[ITmedia]

 さまざまな局面でデータ活用が一般化する中で「経営判断もデータに基づいて実施したい」「業績の見える化によってリアルタイム経営を実現したい」と考える企業は少なくない。実際に、大企業はもちろん、中堅・中小企業においても、リアルタイムな指標を用いた経営というものが少なからず気になっていたり、意識していたりという経営層は増えているようだ。

 とはいえ、実際に自社の体制へ目を向けると、業務システムから手作業でデータを取り出し、集計と分析は「Microsoft Excel」に頼りっきりではないだろうか。簡単なレポート作成でも数日がかり、月次の予算実績管理表などは1〜2週間ほどの時間をかけてなんとか作成しているというケースも多々ある。可視化といってもその程度で、「日々、最新のデータを用いて“リアルタイムな経営”を実現するなんて、自社ではとてもとても……」と感じているかもしれない。

 しかし、日次や月次の定型レポートの自動化を可能とすることで、日々、最新のビジネス状況を把握し、経営判断に役立てているという企業は、決して大企業に限らず、中堅・中小企業でも既に少なからず出てきている。そうした企業ではどのような方法で、リアルタイム経営を実現しているのだろうか。

※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部