2016年06月01日 20時30分 UPDATE
特集/連載

「iTeachers TV」最新番組紹介「スマホ世代=IT活用の達人」は幻想にすぎない――千葉大学 山本恭輔さん

「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代は、それ以前の世代とは何が違うのか? デジタルネイティブ世代の大学生、千葉大学の山本恭輔さんが語ります。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

教育IT | iTeachers | 教育


千葉大学の山本恭輔さん iTeachers TV第50回は、千葉大学1年の山本恭輔さんが登場《クリックで拡大》

 国内でインターネットが普及し始めた1990年代以降に生まれ、物心付いたときからITが身近にあり、当たり前にITを利用してきた「デジタルネイティブ」世代。千葉大学1年の山本恭輔さんも、そのデジタルネイティブ世代の1人です。ITに慣れたデジタルネイティブ世代であれば、学校生活にITを有効活用する方法を心得ている――そう考える人も少なくないはず。しかし山本さんは、こうした考えは「幻想」だと否定し、「デジタルネイティブ世代の良さは、以前の世代と比べてITへの抵抗が小さいことだけ」だと言い切ります。

 デジタルネイティブ世代は「ITを使うこと自体は考えなくても直感的にできるが、有効活用できているかどうかは別」だと山本さんは語ります。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)一つ取っても、「Facebook」「LINE」などサービスの種類によって、目的もコミュニケーションを取る相手も変わります。「適切な用途を理解して使い分けることで、初めてITを有効活用できる」と山本さんは指摘。デジタルネイティブがITを有効活用できるようにするには「身近にITを有効活用して見せる人がいることも大切」だと、教員や大人による支援の必要性を指摘します。

 週替わりのコーナー「教育ICTなんでも3ミニッツ」には、古河市教育委員会の平井 聡一郎氏が登場。教育機関での取り組みが進む「アクティブラーニング」を実践するワークショップについて説明します。アクティブラーニングは「課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習」だといわれており、学習者の主体的な学習と、学習者同士が教え合い学び合う協働的な学習が中心的な要素となります。平井氏は、この主体的な学習と協働的な学習の効果を一度に実感できるワークショップを紹介します。詳しくは番組をご覧ください。

 TechTargetジャパンの会員登録/ログイン後、下の「次へ」ボタンをクリックすると番組が閲覧できます。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...

news058.jpg

アプリ利用者を特定してアンケート調査、「App Ape」と「TesTee」が連携
フラーは、リサーチツールの提供を行うテスティーと共同で、アプリ所持ユーザーや休眠ユ...

news012.jpg

別所哲也氏と考える、ブランディングの必要性を経営者に納得させる方法
「Branded Shorts」をプロデュースする俳優の別所哲也氏と戦略コンサルタントの山口義宏...