2016年06月06日 07時00分 UPDATE
特集/連載

多様化する端末とOSに管理者はどう対応する?PC、Mac、iPhone、Android――“クライアント乱立時代”の新常識とは

スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの登場により、企業のクライアント管理に大きな変化が起こっている。その変化に対応するにはどうすればいいのだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]
統合でエンドポイントを管理できる「IBM Endpoint Manager family」の公式Webページ《クリックで拡大》

 ここ数年間で、企業で使われる端末には大きな変化が起こっている。

 今でもクライアントPCは主流の端末だが、スマートフォン、タブレット、2-in-1デバイスなどと競合している。端末の種類が増加したことにより、エンドユーザーは新しいクリエイティブな方法で仕事ができるようになった。だが、この変化は、セキュリティやアプリケーションの導入、アプリケーションライセンス管理、デバイスの管理などを担う管理者に大きな課題を突き付けている。多くの場合、従来のエンドポイント管理の手法は効力を失っているからだ。そのため、管理者は新しい管理手法を採用する必要に迫られている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...