2016年06月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ユニファイドコミュニケーションの一部の機能から導入「UC機能を卓上電話で利用」、パナソニック新製品は中小企業のコミュニケーションを変えるか

中堅・中小企業では、従来型の電話を使ってユニファイドコミュニケーションを導入する流れがきているようだ。パナソニック新製品の機能とは。

[Tracee Herbaugh,TechTarget]
KX-NS700Gの製品画像(出典:パナソニック米国法人)《クリックで拡大》

 パナソニック米国法人は、中堅・中小企業(SMB)向けのデスクフォンでビデオ会議やメッセージングなど、UC(ユニファイドコミュニケーション)機能を利用できるようにした。SMBは今後数年間、UC製品への支出を増やすと予想されている。

 パナソニック米国法人は2016年5月、同社の電話システムを支える「KX-NS700G」サーバにUC機能を追加した。同サーバの価格は2089ドルだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...

news118.jpg

GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれに...