2016年06月13日 15時00分 UPDATE
特集/連載

患者の予後の改善にも、もちろんコストダウンにも医療の質の向上に貢献するBIツール、病院経営に効果の大きい3つの使い道 (1/2)

病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。例えば予測分析を利用して、患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたりすることもできる。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 現在、EHR(電子健康記録)を利用する医師がかつてないほど増えている。その結果、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。

 このデータによって、医師やデータアナリストは、患者集団に関する有意義な知見を引き出す新しい機会を得ているといえる。数年前に履歴データの報告と分析の業務として始まったものが、よりインテリジェントなデータ分析へと進化しているのだ。この分析機能の進化によって、医師は、過去の状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになっている。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...