2016年06月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

主要企業は時代遅れの価格設定実績の少ない新興企業のハイパーコンバージド製品を選んだ理由

複雑化したITシステムに限界を感じたスコットランドの法律事務所が、サーバ環境の刷新を決断。同社が選んだのは、実績の少ない新興企業Gridstoreのハイパーコンバージドアプライアンスだった。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 スコットランドを拠点とする法律事務所MacRobertsは、ラック6架分のサーバとストレージをGridstoreのフラッシュベース4Uハイパーコンバージドアプライアンスに置き換えた。結果、物理フットプリントと電力消費量が大幅に削減されると同時に、ほぼリアルタイムのレプリケーションが可能になった。

Computer Weekly日本語版 6月8日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 MacRobertsはグラスゴー、エディンバラ、ダンディーに事務所を構えて200人以上の従業員を擁し、規模の大小を問わず、スコットランドのさまざまな公共機関や民間企業の案件に対応している。

 ITインフラの主要サイトはグラスゴーとエディンバラにある。中核となるアプリケーションは法律文書システムやクライアント管理システムで、「Exchange Server」「SQL Server」などのMicrosoft製品も使用している。かつてのITインフラは、グラスゴーとエディンバラそれぞれに42Uのラックが3架設置されていた。ラック内には、「HP ProLiant DL580」と「HP ProLiant DL380 G6」が約40台収容されていた。さらに、「HP LeftHand SAN」も収容されているが、IT部長ロバート・クリックトン氏によればこれは「過負荷状態で容量オーバーだった」という。

 これまでの構成は管理オーバーヘッドが大きく、拡張しにくいことなどが問題となっていた。

 「40台ものサーバでさまざまな仮想マシンを実行しているだけでなく、中にはストレージが直接据え付けられ、仮想化が制限されるサーバもあった。こうした状況はビジネスにリスクをもたらすため、統合して複雑さを緩和し、筺体を追加する形で容量を増やせることが何としても必要だった」

 データ保護に関しては1日に1〜2回しかバックアップが行われておらず、途方もない量のデータを失うリスクを抱えていた。

Gridstoreを選んだ理由

 こうしてMacRobertsはこの環境を置き換える案を検討し始めた。具体的な候補に挙がったのはHewlett Packard Enterprise(HPE)、Cisco Systems、EMC、Nimble Storage、Nutanixの製品だ。

 だが、クリックトン氏はさまざまな理由でそれらの案を却下した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...

news118.jpg

GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれに...