2016年06月22日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「Slack」だけではないChatOpsツール「チャット×ボット」とは? 新たなIT運用が生まれる“やっぱりな理由” (1/2)

チャットをコミュニケーション手段や日常業務の管理に使う企業が増えている。実際、どのように活用しているのか紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]
Flowdockの公式Webページ《クリックで拡大》

 近年、チャットルームは大きく進歩し、かつて同じ趣味で絞り込んだ相手とやりとりしていた時代とは様変わりしている。

 2016年現在、チャットルームは、IT運用チームが本格的な仕事をこなすための仮想ワークスペースとなっている。インシデント対応時の主要なコミュニケーション手段となることもあれば、開発と運用が連携して開発を進める「DevOps」のパイプラインに沿ってアプリケーションを進めるための重要なコマンドを実行することもある。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

出版取次大手の日本出版販売が腐女子のポータルサイトと連携、書店への来店促進にARアプリを活用
日本出版販売は、ボーイズラブコミック専門ガイドブック「B+LIBRARY vol.3」にARアプリ「...

news077.jpg

月額9900円、Twitter広告の新たなメニュー「オートプロモート」の特徴を5つのポイントで解説
Twitter Japanは、月額9900円で毎日10ツイートとプロフィールを広告化できる「オートプロ...

news057.jpg

DACと博報堂アイ・スタジオがコンテンツマーケティング支援チームを組成
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと博報堂アイ・スタジオは、コンテンツマー...