2016年06月22日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「Slack」だけではないChatOpsツール「チャット×ボット」とは? 新たなIT運用が生まれる“やっぱりな理由” (1/2)

チャットをコミュニケーション手段や日常業務の管理に使う企業が増えている。実際、どのように活用しているのか紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]
Flowdockの公式Webページ《クリックで拡大》

 近年、チャットルームは大きく進歩し、かつて同じ趣味で絞り込んだ相手とやりとりしていた時代とは様変わりしている。

 2016年現在、チャットルームは、IT運用チームが本格的な仕事をこなすための仮想ワークスペースとなっている。インシデント対応時の主要なコミュニケーション手段となることもあれば、開発と運用が連携して開発を進める「DevOps」のパイプラインに沿ってアプリケーションを進めるための重要なコマンドを実行することもある。

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

インフルエンサーマッチングの「SPIRIT」、優良インフルエンサーのみのネットワーク構築へ会員数を2万人に制限
LIDDELLは、インフルエンサーマッチングプラットフォーム「SPIRIT」において登録インフル...

news024.png

不正トラフィックが最も多いアプリカテゴリーは「エンターテインメント」と「ニュース」──AppLift調査
AppLiftは、世界的なアドフラウド(広告詐欺)の分布データの調査を実施し、そのレポート...

news025.jpg

デジタルガレージがID-POSデータ連動型広告運用サービスを開始、店頭での効果可視化へ
デジタルガレージは、ID-POSデータと連動した広告運用サービス「POS UP!-オンライン広告...