Loading
2016年06月21日 10時00分 UPDATE
PR

技術進化と業務最適化が企業ITの両輪成功事例が教えてくれる「時代に追い付く企業ITシステム」進化論

企業のITシステムには、常に新しいトレンドに対応できる柔軟な変化が必要だ。それも、迅速でなければライバルに先を越されてしまう。しかし、それは最新技術の導入だけで可能になるわけではない。

[TechTarget]

 IT関連展示会や各種セミナーでは、いつの時代も最新技術を導入したプラットフォームやITサービスであふれている。日進月歩では間に合わず「秒進分歩」と表現する関係者もいるほどに進化が速いIT関連技術だけに、幅広く、そして、短期間で新しいシステムを導入しないとITシステムが支える企業の生産性はすぐさま競合相手と比べて低くなってしまうだろう。

 しかし、時流に追い付くため、いや、先を行くために新技術を積極的に導入しても、期待する効果が出ないことも多い。そのような企業では、導入する企業の業務を評価分析することなく、無批判に新技術を業務の流れに組み入れて消化不良を起こして機能不全に陥っているはずだ。

 もちろん、企業のITシステムに新しい技術を導入して、時代が求める変化とパフォーマンスに適合していくのは今や不可欠となった。ただし、その進化と変化が効果を発揮するには、それまで「正常に動いていた」ITシステムと業務フローに適したアプローチが必要だ。そのアプローチはそれぞれの企業ごとに大きく異なる。

 この記事では、企業ITシステムの進化と導入の成功事例を紹介し、IT部門による技術面の考察だけでなく、営業や管理部門における業務フローの見直しまで踏み込んだ成功の秘訣までも併せて考えてみる。

(このコンテンツは2016年5月30日付ITmediaエンタープライズ記事を再構成したものです)

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部