2016年06月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

MSの製品・サービスは発展途上Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ

MicrosoftのCEOナデラ氏は、SharePointに関する戦略を発表した。しかし、まだまだ純粋なクラウドサービス企業に対して後れを取っているという印象を拭えない。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Microsoftは生産性とビジネスプロセスの再発明を目指していると、CEOのサトヤ・ナデラ氏は語った。同氏は「SharePoint」と「OneDrive」の統合を発表し、これによって安全なデータアクセスが可能になるという。

Computer Weekly日本語版 6月22日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月22日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Microsoftの公式ブログに投稿された動画で、ナデラ氏は次のように語っている。「私は組織で働く人を世界各地に訪ね、その声に耳を傾けてきた。そしてデジタルデータを持て余している人が多いことがはっきりした。企業の人々は皆、必要な情報を探し、それに対して適切な処理を実行するところで苦労している」

 「そこで当社は、SharePoint、OneDrive、『Office 365』サービス全体で、コラボレーション、インテリジェント、モバイル、信頼性の全ての改良を続け、生産性を高められるようにする」

 「差し当たってSharePointとOneDriveを統合し、複数人による文書の共有と共同作成が容易になる機能を追加する。1つの文書が複数のバージョンに拡散する事態を減らし、編集の履歴が全て追跡できる、適切な文書管理を実現するのが目的だ」

 同社はクラウドとオンプレミス環境の統合に伴い、オンプレミス版の「SharePoint Server」とクラウド版の「SharePoint Online」でコードを共有するという。

 ただし、今回の発表で挙げられた製品の現状は、純粋なクラウドベースの競合である「Box」や「Dropbox」の後塵を拝している発展途上という印象を受ける。

 Microsoftは2016年末を目標にOneDriveとSharePointの同期を実現するとしており、その際はモバイル端末からオンプレミスのSharePointライブラリへアクセスする機能も実装するという。

純粋なクラウドはレガシーとは連携しない

 しかし、純粋なクラウドサービスは、レガシーなオンプレミスソフトウェアとのコラボレーションを回避する傾向にある。端末を問わない文書へのアクセスを実現するためだ。

 例えば、Dropboxは2016年4月に「Project Infinite」を発表した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...