2016年06月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IPv6をセキュアにする意外な技術とは?「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク

IPv4の限界を解決するために策定されたIPv6だが、全ての機器をIPv6化するとリスクが高まるという。IPv6の何が危険なのか? IPv6を安全に利用するために必要な、意外な技術とは何か?

[Warwick Ashford,Computer Weekly]
Computer Weekly

 IPv6だけではモノのインターネット(IoT)のセキュリティは万全ではない。米大手メーカーGEのヨーロッパオフィス、GE EuropeでCISO(最高情報責任者)を務めるハンス・プロネン氏はそう警告する。

Computer Weekly日本語版 6月22日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月22日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 IPv6は全ての機器にIPアドレスを割り振ることができるので、IoTの通信には必要不可欠だ。しかし、IPv6がIPv4よりもセキュアだというのは神話にすぎないと、本誌Computer Weeklyに対して語った。

 「IPv6には新たなリスクが潜んでいることを認識し、理解しておくべきだ。特に可用性と機密性に関するリスクだ」とプロネン氏は説明する。

 IPv6は自動的にIP Security Protocol(IPsec)を適用しているとよくいわれるが、これは誤解だと同氏は話す。しかし実際には、(仕様に)適合するIPv6の実装にはIPsecのサポートが必須とされているものの、IPv6はIPsecの使用を義務付けてはいないし、保証しているわけでもない。

 「IPv6にIPsecが組み込まれているというのは、単にIPsecを実装できる状態になっているというだけのことにすぎない。IPv6のトラフィックが全て自動的にIPsecに準拠するというわけではない」とプロネン氏は説明する。

 同氏は、IPv6を採用した機器にIPsecを適用することを推奨する一方、IPsecはIPv4と併用することもできると同氏は指摘する。こうすれば、セキュリティのメカニズムでIPv6には含まれていないものも、その機器に実装することができる。

 IPv4にはネットワークアドレス変換(NAT)機能があり、必要とするグローバルIPアドレスの数を減らすことができる。それはセキュリティの向上にもつながる。IPアドレスを全て、直接インターネットに露出させる必要はないからだ。

 「皆がIPv6しか使わなくなると、NATが消滅してしまう。私としては、IPv4とIPv6を併用することを勧めたい。どうしても必要な箇所にだけIPv6を導入して、後はIPv4のままにするということだ」とプロネン氏は話す。

 IoTの文脈では、IPv6の利用はインターネット経由のアクセスが必要な機器だけに限定するということだ。「特にインターネット接続が必要ない場所ではIPv4の利用を継続することで、その機器には組織内の機器からしかアクセスできなくなる。言い換えると、インターネットからはその機器を参照できない。従って、外部からの攻撃を受けるリスクを軽減することができる」とプロネン氏は話す。

 IPv6を使ってインターネットに露出しなければならない機器については、IPsecを実装したものを選ぶことを同氏は推奨している。だが同時に、IPsecだけではIoT機器の安全は守れないだろうとも付け加える。

 同氏によると、IPv4にはなかった脆弱(ぜいじゃく)性が、IPv6では2つの領域に存在するという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...