2016年06月30日 07時00分 UPDATE
特集/連載

いずれ利用範囲が拡大するデスクトップ管理者が「Raspberry Pi」を急いで試すべき理由 (1/2)

「Raspberry Pi」があなたのオフィスにやってくるかもしれない。これがどのようなデバイスであり、どう扱えばいいのかを急いで検討する必要がある。

[Rob Reilly,TechTarget]
「Raspberry Pi 2」(出典:英Raspberry Pi Foundationのブログ)《クリックで拡大》

 小型センサーモジュールや遠隔計測装置、「Raspberry Pi」などの組み込み型コンピュータが、さまざまな形で徐々に企業内に進出しつつある。こうしたデバイスはデスクトップ管理者の管轄下に入る可能性があるため、管理者はこれらの技術の理解を深めて準備を整える必要がある。

 全般的な視点からいえば、物理コンポーネントに関する知識が重要だ。管理者がフルタイムのハードウェア設計担当者になる必要はない。だがソフトウェアに関する専門知識を生かし、ハードウェア、そしてセンサーおよび出力の仕組みを実際に体験すれば、管理者への信頼が高まるだろう。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...