2016年06月30日 07時00分 UPDATE
特集/連載

いずれ利用範囲が拡大するデスクトップ管理者が「Raspberry Pi」を急いで試すべき理由 (1/2)

「Raspberry Pi」があなたのオフィスにやってくるかもしれない。これがどのようなデバイスであり、どう扱えばいいのかを急いで検討する必要がある。

[Rob Reilly,TechTarget]
「Raspberry Pi 2」(出典:英Raspberry Pi Foundationのブログ)《クリックで拡大》

 小型センサーモジュールや遠隔計測装置、「Raspberry Pi」などの組み込み型コンピュータが、さまざまな形で徐々に企業内に進出しつつある。こうしたデバイスはデスクトップ管理者の管轄下に入る可能性があるため、管理者はこれらの技術の理解を深めて準備を整える必要がある。

 全般的な視点からいえば、物理コンポーネントに関する知識が重要だ。管理者がフルタイムのハードウェア設計担当者になる必要はない。だがソフトウェアに関する専門知識を生かし、ハードウェア、そしてセンサーおよび出力の仕組みを実際に体験すれば、管理者への信頼が高まるだろう。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...