2016年07月06日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「AppLocker」の使い方Windowsで“使われるとまずいアプリ”を起動禁止にするには?

WindowsのAppLockerでは、発行元やパスなどの属性に基づいて、アプリケーションの実行を拒否するルールを適用できる。だがAppLockerは、包括的なアプリケーション制御ツールではない。

[Brien Posey,TechTarget]
AppLocker AppLockerはアプリケーション管理の手段として有用なのか《クリックで拡大》

 Windowsの法人向けエディションで利用可能な「AppLocker」という機能は、どのアプリケーションの実行を許可するかを制御できる。ディレクトリサービス「Active Directory」に備わる、コンピュータやユーザーの設定を一元管理する「グループポリシー」の集合体だ。

 「Windows 7」「Windows Server 2008 R2」で初めて搭載されたAppLockerは、Windowsの使い勝手の悪い「ソフトウェアの制限のポリシー」に代わる機能として開発された。ソフトウェアの制限のポリシーはまだ存在しており、「Windows 10」にもある。

AppLockerの使い方

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

「Logicad Video Ads」が機能拡充、動画広告メニューを拡張
ソネット・メディア・ネットワークスは、動画広告配信強化の一環として「Logicad Video A...

news017.jpg

ビズリーチ青山弘幸氏に学ぶ、事業を成長させるプロマーケターの仕事術
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news075.jpg

できる営業担当者は顧客に何をヒアリングしているのか?――Emotion Tech調査
Emotion Techは営業担当者の顧客とのコミュニケーションに関する調査結果を実施しました...