Loading
2016年08月01日 15時00分 UPDATE
PR

AWSで実現するWindows「DevOps」環境(前編)いつもの「Visual Studio」から始められる――AWSでの.NET開発とは?

オンプレミスが常識だったWindowsのアプリケーション開発がアマゾン ウェブ サービス(AWS)によるクラウド開発で変わりつつある。AWSは豊富なツールを備え、「Visual Studio」との連携も強化。AWSによってWindows開発はどう進化するのか。

[柴田克己,TechTargetジャパン]

 近年、企業がビジネスを展開するためのIT基盤にクラウドサービスを活用することが当たり前になりつつある。かつて、企業のIT基盤といえば、ハードウェアを含むシステム一式を自社で調達し、運用するオンプレミスが主流だった。しかし、クラウドコンピューティングの登場以降、コンピューティングリソースは「自社で所有するもの」ではなく、「必要な時」に「必要な量」を「利用するもの」という認識が浸透した。

クラウド上での環境構築は、オンプレミスに比べて極めて迅速に行うことができる。オンプレミスの場合、機器調達の申請から構築完了まで、数週間から数カ月という期間を見積もらなければならないケースもあるが、クラウドサービスを活用することで、その時間を数分単位へと、画期的に圧縮することが可能になる。このことは、開発プロジェクト全体にかかる時間の短縮につながる。コスト面だけでなく、ビジネスの変化に追従して価値を生む、俊敏なシステム開発を実現できるという点でのメリットも大きい。

企業で多く行われているWindowsのソフトウェア開発にもこのクラウドの波は来ている。クラウドを使ったWindows開発の最新状況をお伝えしよう。

提供:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

提供:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部